しめ縄作り

伊勢角屋麦酒ファンの皆様

おはようございます。
現在午前3:40、いつもより少し早く出社しました。

伊勢角社長の鈴木成宗です。

いつもご愛顧いただき心から感謝申し上げます。


今年も残すところあとわずかですが、年内にほぼ目途をつけてしまいたい大型のプロジェクトが二つ、時間をとられる毎年のルーティンが二つあります。
このルーティンのうち一つはしめ縄作りです。
最近はご存知の方も増えてきたようですが、一年間軒先からしめ縄を外さないのが伊勢のやり方です。それに加え、鈴木家では今時珍しく、一からすべてのしめ縄を自作します。恵まれたことに私の家系は400年続く老舗だけに、所有する建物も多く、概ねそのすべてにしめ縄をつけますので、大小合わせて10個以上ものしめ縄を作ることになります。縄をなうことからはじめて一本のしめ縄を作り上げるのにはかなりの時間と体力を擁します。
例年、今頃から家族総出でしめ縄作りを始めるのですが、この数年は、父も年を取り戦力外になり、頼りになるのは、二人の息子です。しめ縄の棒を部分をつくるには、どうしても補助者がいるんです、これを息子二人のどちらかにやらせます。併せて、このところは二人とも器用に縄を綯うようにもなりなり非常に助かっています。今年も二人をおだてて、しめ縄作り手伝ってもらおう。

伊勢角屋のビールは、インターネットからもご購入いただけます
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。