1. HOME
  2. 商品一覧
  3. Beer bring us together NE IPA
  1. HOME
  2. クラフトビール
  3. 限定ビール
  4. Beer bring us together NE IPA

Beer bring us together NE IPA

商品番号 372
クール便でお届け
販売価格 ¥ 880 税込
[ 8 ポイント進呈 ]

杏仁豆腐??北京の個性派ブルワリーとのコラボNEIPA!

ビア ブリング アス トゥギャザー NE IPA

大麦麦芽、小麦麦芽、小麦、オーツ麦、ホップ、乳糖、南杏、緑茶

アルコール分:7.0%
容量:330ml/1本
800円税別・送料別
今すぐ注文する

ビア ブリング アス トゥギャザー NE IPAのきっかけ

伊勢角屋麦酒が6年連続最多受賞ブルワリーとなった国際大会IBC2019。その大会でゴーゼなど個性の強いビール部門でカテゴリーチャンピオンになったのが、2013年北京で創業されたNBeerCraft Brewing Co.さんです。表彰式で出会い、企業コンセプト「人元啤不可交(=ビールが人をつなぐ)」に強く共感し、発展著しい中国の実力派ブルワリーと新しい?がりを持とうとコラボレーションすることとなりました。

ビア ブリング アス トゥギャザー NE IPAのこだわり

①日本と中国のブルワリーコラボということで、どちらにも馴染みあるものを使ってみたい。②鶏ガラとあわびの出汁の効いたビール??なども作ってきた、個性の強いビールで受賞を重ねるNbeerさんと、イセカドの得意なビールのジャンルをミックスさせる。 この①②の条件から、杏仁豆腐のフレーバーを持ったニューイングランドIPAを醸造することにいたしました。

ビア ブリング アス トゥギャザー NE IPAの味わい

ニューイングランドIPAの白濁した外観も杏仁豆腐をイメージ。杏仁の甘くハーバルな香りが華やかに広がった後、Galaxyホップのマンゴーのような香りと、Mosaicホップのフローラルで黄桃のような香りが重なり合い、香りをかぐだけで癒されそうな独特の風味となりました。杏仁豆腐のようになめらかで甘やかな口当たりはほんの少しの乳糖から。ニューイングランドIPAらしい贅沢なコクと甘みのあとを、控えめながら苦みが引き締めます。香りと甘み、苦みのバランスを取り、デザートビールにも、スパイシーな料理と合わせても面白いビールになりました。



プロフィール

名称: ビア ブリング アス トゥギャザー・ニューイングランド アイピーエー

ALC7.0%
IBU30
スタイルフレーバード・ニューイングランド アイピーエー
飲み頃温度5~8

原材料大麦麦芽、小麦麦芽、小麦、オーツ麦、ホップ、乳糖、南杏、緑茶

コク ★★★★

キレ ★★

※IBU=International Bitterness Units(国際苦味単位)
IBUとはビールの苦味の程度を測る単位です。IBUは、ビールの苦味の成分の中でもっとも苦くかつ量の多いイソフムロンの割合(ppm単位)として定義されるものです。

世界に認められたビール

伊勢角屋麦酒では、毎年、多くの世界的なビールコンペティションに参加しております。各国から個性豊かなビールが集まり、品質を競い合う中で、数々の賞をいただくことができました。世界に認められた伊勢角屋の味わいを、是非お楽しみください。

社長のこだわり徹底した品質管理

「きれいなビール」とは、ビールづくりの基本を忠実におさえ、《オフフレーバー》と呼ばれる《ビールにあってはならない香り・風味》が感じられない、問題点のないビールのことです。 『うまいビール』と言っていただくための個性や楽しさは、まずは土台が「きれいなビール」であることが前提だと、伊勢角屋麦酒は考えます。

「きれいなビール」を作り続けるために、20年の経験の積み重ねに基づくあらゆる技術を用い、審査員資格を持ったスタッフによる官能検査を繰り返し行っています。 さらにビール醸造を理論的に捉えられるよう、専門的な知識を持ったスタッフを採用し社内研修も頻繁に実施し、検査・分析・酵母培養を行うことができる機器をそろえることで、小規模ブルワリーにおいては 数少ない、 科学的な分析・数値での品質管理も自社で行うことができる体制を整えました。ビール醸造の主役「酵母」を最良の状態で適量投入し、ひと仕込みごとに各工程での検査分析をかけ、繊細なビールへの細やかな品質管理を日々行っています。

社長のこだわり厳選された原料

ビールの主な原材料は、麦芽とホップと水と酵母です。
ビールはとても繊細なお酒ですので、香りやコク・口当たりなどへの、原材料の影響は とても大きく、麦芽やホップの配合、酵母選定などは慎重に吟味を重ねます
。特にホップは、同じ品種でも収穫年・場所により、香りと苦みの成分が左右しますので、ワインにとってのブドウのように、細心の注意を払って選び、丁寧に使用しています。
『うまい』と言っていただくために、最適な原材料を選びます。

使用ホップ:Mt hood、Amarillo、Galaxy、Mosaic