1. HOME
  2. 伊勢角屋オリジナルグッズ
  3. 発酵野郎!-世界一のビールを野生酵母でつくる-

発酵野郎!-世界一のビールを野生酵母でつくる-

商品番号 424
販売価格 ¥ 1,650 税込
[ 15 ポイント進呈 ]

堀江貴文氏、成毛眞氏推薦! !

「こんなに科学的に、美味しく酒を語る人はいない」(堀江氏)
「進め! 日本中の100年企業たち」(成毛氏)


単行本(ソフトカバー): 224ページ
新潮社 (2019/7/24発売)
ISBN-10: 4103527412
ISBN-13: 978-4103527411
商品の寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm


はじめに

1章 餅屋で終わってたまるか
ビール造りはサイエンスである
伊勢から世界へ通じる道とは
「生きもの好き」が人生の道しるべ
「科学」の世界で必要なこと
家訓は「家訓を持たない」こと、ほか

2章 ビール造りの天国と地獄
すべては順調に見えたのに
過信と健全な自信のあいだ
給料ゼロ円の意味するところ
「マーケティング」にやっと気づく、ほか

3章 ビール・サイエンスラボを目指す
研究開発型ブルワリーへ
ビールの「スタイル」を追究していく
クラフトビール造りの醍醐味は何度でも失敗できること
2位じゃ、やっぱりダメなんです

4章 無限の酵母愛を胸に
目に見えない命を食べて生きている
ビールの酵母を伊勢の森から
社長業と大学院生の二足のわらじ
次なる夢のビールはこれで
二度と再現できないビール、ほか

5章 50歳にしてやっと自分も発酵してきた
発酵を促す土地「東京」
「非常識」にふるまってみよう
無人島での酵母採取の結果
発酵しちゃっている「変人」たち
ニューヨークのレジェンドに出会えた、ほか

6章 伊勢をもっと発酵させてやる
情報の集積地である、船着き場で街道筋
ホームブルーイング特区構想
まずは伊勢から「三重県クラフトビールの会」
伊勢の良さがわかるのはよその人

7章 こんな奴が成功しているクラフトビール界
ライバルはと聞かれたら
反骨精神を表現するビール
度肝を抜かれたうまいビール
俺の飲みたいビールはこれだ
世界に広がるクラフトビール、ほか

8章 日本のクラフトビール新時代に
クラフトビールの業界動向を読む
ワインを追撃するクラフトビール人気
ブルワーはジャニーズより人気
8000リットルのビールを捨てました
引き算と足し算の繰り返し、ほか

9章 オレ流発行組織論
上場は目標になるうるのか
「のれん分け」と「田分け」の違い
小さく素早く始めて、ダメならば修正する
来たれ、発酵好きよ
同室になった世界のクラフトビールのレジェンド、ほか

おわりに
番外編 クラフトビールの愉しみ方