1. HOME
  2. クラフトビール
  3. 社長 Special Japanese DASI ALE
  1. HOME
  2. クラフトビール
  3. 限定ビール
  4. 社長 Special Japanese DASI ALE
商品画像
商品画像
チャート図

社長 Special Japanese DASI ALE

商品番号 490
クール便でお届け
販売価格 ¥ 660 税込
[ 6 ポイント進呈 ]
上記に記載されている販売価格に、下記リスト内の金額が加算されます
4.67
3
  • 非公開
    投稿日
    凝縮された出汁の旨みが広がっていきます。程よい酸味も良く、実験的で遊び心があります。
  • その日暮らし
    非公開
    投稿日
    ビールと出汁、洋と和なんてほんとに合うのだろうかと思い飲んでみた。 飲み心地はビール、後から鼻の奥からやってくるフレーバーがカツオだしみたいなのを感じる。 後味はさっぱりしてて飲みやすかった。
  • 非公開
    投稿日
    出汁?? と思って飲んだら、美味しい! 微かな酸味とフレッシュさ、 控えめな苦味の後に、 あれ?確かに出汁の旨味!合うー!と驚きました。 爽やかさと苦味と旨味がバランスよく まとまっていて、美味しい!と感じられ、 ちょっと感動しました!

繊細なダシの風味が、和食に合う!爽やかなビール

社長 Special Japanese DASI ALE

大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、柚子果皮、椎茸、昆布、鰹節、生姜

アルコール分:5.0%
容量:330ml/1本
¥660税込・送料別

社長 Special Japanese DASI ALEのきっかけ

社長 Special Japanese DASI SLE伊勢角屋麦酒社長自らレシピを書き、自ら仕込む社長Specialは、社長のわたし自身が飲みたいビールをつくること、そして、新しい技術的挑戦をすることを課したビールです。第12弾となる今回、従来にない発想の造り方で「和食に合うビールを造る」というコンセプトのもと、先にだしをとり、だし汁にビールを仕込みました。発酵は伊勢の杜から私自身が単離し博士号取得のきっかけになったKADOYA1に託しました。


社長 Special Japanese DASI ALEのこだわり

社長 Special Japanese DASI SLE昆布、鰹節、シイタケの下味に、小麦の酸味、伊勢の杜から単離したKADOYA1がつくる酢酸イソアミル*のフルーティーさでフレーバーの核をつくり、生姜と柚子で締めすぎない程度にアフターテイストを締めました。

*酢酸イソアミルとは、日本酒を代表する香り「吟醸香」の香気成分のひとつで、発酵工程でアルコールとともに生み出されます。「華やかでフルーティーな香り」と表現されますが、その中でもバナナやメロンの香りと例えられることが多いです。


社長 Special Japanese DASI ALEの味わい

社長 Special Japanese DASI SLE和食に合うビールを造りたい。そんな思いを抱いていたとき、当社の飲食店の厨房で 料理人が鰹節でだしをとっている姿にインスパイヤーされ、第1作のDASI ALEを造ったのが、2017年8月でした。当時は神久工場で手作りしていましたので、だしの味を見ながらぎりぎりまで鰹節やシイタケを足していったのが懐かしいです。今回は、下野工場のフルオートメーションプラントですので、すべてが少し控えめになりましたが、まとまりのある仕上がりになりました。




プロフィール

名称: 社長 Special Japanese DASI ALE(社長スペシャル ジャパニーズ ダシエール)

ALC5.0%
IBU25
スタイルハーブ&スパイスビール
飲み頃温度8~12

原材料大麦麦芽、小麦麦芽、ホップ、柚子果皮、椎茸、昆布、鰹節、生姜

コク ★★

キレ ★★

※IBU=International Bitterness Units(国際苦味単位)
IBUとはビールの苦味の程度を測る単位です。IBUは、ビールの苦味の成分の中でもっとも苦くかつ量の多いイソフムロンの割合(ppm単位)として定義されるものです。