明治20年発売の四日市「イトービール」さんと同級生!「神都麥酒」!

こんにちは!
伊勢角屋麦酒の松岡です!

先日、イセカドのIBC2016最多受賞を取り上げてくださった
中日新聞様ですが、
四日市のイトービールさんの紹介記事を見つけました!

イトービールさんの紹介記事です!

イトービールさんの紹介記事です!

明治20年、1887年に発売された「イトービール」さんですが、
実は、当社のビール「神都麥酒(しんとビール)」。
明治20年、1887年に発売されていたんですよ!

????
「イセカドって、来年で20周年でしょ??」
気が付かれましたか(笑)

伊勢に、河崎という町がございます。
そこは、勢田川という川沿いに発達した商業地域で、
伊勢神宮を参拝する多くの方をもてなすための、
大量の物資・食べ物やお酒を、水運を使って扱っていた
「伊勢の台所」でした。
その中の1軒、日本酒を作ってもいた酒問屋「川七商店」さんが、
明治20年6月5日に発売したのが、
「神都麥酒(しんとビール)」なんです!
そうです(笑)うちの会社ではなく、別の会社で作られていました。
大阪や東京まで取扱店をもっていたことが記録されていますが、
いつのまにか製造を休止してしまったそうです。

1997年、当社が地ビール事業に参入した際、
参宮客の喉を潤したであろう
明治時代の「神都麥酒(しんとビール)」の想いを引き継ごうと
商標を受け継ぎ、
2004年12月、現在の「神都麥酒(しんとビール)」を発売いたしました。
(ただいま、缶は売り切れておりますが、ボトルは発売しております!)

明治20年という同じ年に発売されたビールの名を引き継いでいるというご縁で、
四日市のイトービールさん復刻のお手伝いもさせていただきました。

いろんな形で、ビールを楽しむ文化を三重県に広めていくことができればと
思っています。
イトービールさん、盛り上がって欲しいですね!(笑)

また、昔の神都麥酒や伊勢について
時々紹介させていただきますので、
よろしければ読んでください~(笑)

伊勢角屋のビールは、インターネットからもご購入いただけます
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。