三重県の牡蠣!生でお試しできますよ!イセカドのスタウトと一緒に!(笑)

こんにちは!
伊勢角屋麦酒の松岡です!

地元、伊勢志摩の「生牡蠣」が食べられるシーズンがきました!
待ちに待ってました~

伊勢角屋麦酒から車で30分くらいで、
三重県最大の牡蠣の水揚げを誇る 鳥羽市浦村町に
着きます!

あまり時期が早いと、「生」で提供されずに、
焼き牡蠣とかから始まるので、
毎冬、12月を目安に「生」を心待ちにしていました!

uramuraoyster2016a

外套膜が黒い!いいですね~(笑)

ドライバーに頼んで、
イセカドのスタウトと、牡蠣スタウトを持って、
浦村の牡蠣屋さんまで行き、
一緒に、生牡蠣を食べる!!!
「うまい~~~~~」

今回は、手抜きして、
配達していただいた浦村生牡蠣を
自宅で食べました(笑)

uramuraoyster2016b

プリンプリンです!

寒さが続くと、体内に旨みを蓄えていきますので、
大きくなって、さらに美味しくなっていく牡蠣ですが、
今も走りの牡蠣の味わいも、爽やかでいいですね!

波が穏やかな、浦村の海で育ってますので、
干満の差がある場所で育つ牡蠣とは違った、
ジューシーで丸々とした身で、
海の潮気がアクセントに引き締める味わいです。
走りは、牡蠣独特の癖も穏やかですので、
今のうちに、ぜひお試しください!

もちろん、その浦村産の殻付き牡蠣を使った
伊勢角屋麦酒の浦村牡蠣スタウトは相性抜群!
普通に食べる殻付き牡蠣を300個!
うちの内宮前店のオーブンで焼きまして、
工房に運んで、少し濃厚に仕上げたスタウトを
仕込む際に一緒に煮込んで、
焼き牡蠣のエキスと殻のミネラル分を、ビールに付けています!
※牡蠣が入ってますので、「発泡酒」です(笑)

浦村牡蠣スタウト!

浦村牡蠣スタウト!

実際に牡蠣を使ったオイスタースタウトは、国内で製造しているのは、
岩手の「いわて蔵ビール」さんと、「伊勢角屋麦酒」だけじゃないでしょうか。
(ほかは、「牡蠣に合う」と言ってますが、実際に牡蠣は入っていないようです。
もしほかにも国産の、牡蠣入りビールご存知でしたら、教えてください!)

ホントに私、生牡蠣とスタウト、好きなんです(笑)
kaki-set1-2016

伊勢角屋のビールは、インターネットからもご購入いただけます
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。